fc2ブログ

会社設立 by 佐々木事務所

会社設立に関する情報を提供しています。

68会社設立:法人成り:事業資産の引き継ぎの方法

法人成り ] 2006/09/16(土)


 佐々木事務所の所長の佐々木正己(ささき・まさみ)です。


Q: 法人成りにより、個人事業の事業用資産を、会社の引き継ぐには、
  どうしたらいいのでしょうか?


A: 法人成りの場合の個人の事業財産の引き継ぎは、通常は、会社設立後に、
  事業主個人と会社間で売買により、個人から会社に財産を引き継ぎます。

   現物出資により、個人の事業財産を会社に引き継ぐ方法もあります。

   固定資産については、個人資産のままにして、会社に賃貸するという方法も
  あります。

   不動産については、通常は、賃貸するのが一般ですが、無償で貸す場合も
  あります。

   不動産を賃貸した場合には、、貸し主である個人に不動産所得が発生し
  確定申告が必要になります。

   不動産以外の固定資産、特に、減価償却資産は、売買により、会社に
  引き継ぐのが、一般的です。現物出資でも、引き継げます。
   
   減価償却資産その他の固定資産を、売買又は現物出資により、会社に
  引き継いだ場合には、個人に、譲渡所得の譲渡収入が発生します。
   また、消費税の計算上は、土地等を除き、譲渡所得の譲渡収入は、
  個人事業主の課税売上げになります。

   棚卸資産については、売買又は現物出資により、会社に引き継ぎます。

   棚卸資産を、売買又は現物出資により、会社に引き継いだ場合には、
  個人に、事業所得の収益が発生します。
   また、消費税の計算上は、事業所得の収益は、個人事業主の課税売上げに
  なります。





 会社設立は、お見積りから:佐々木事務所
  http://www.sasakijimusho.com/
 東京都内4万円(税別)で、株式会社設立の代行代理いたします。
 電子定款にも対応しています。
 会計税務もご支援可能です。





スポンサーサイト



18:38 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP




| このページの先頭へ |

プロフィール

司法書士・税理士・行政書士 佐々木正己

Author:司法書士・税理士・行政書士 佐々木正己
ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索